[PR] 会社設立 不都合な真実ゴアは主演賞:団塊シニアのタレントとシニアの未来 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

シニアの今日的映画論

不都合な真実ゴアは主演賞

不都合な真実 ゴア批判

一瞬アメリカ大統領になった、アル・ゴアはブッシュ大統領にとって不都合な真実ですね。

「不都合な真実」は三点を指摘します。地球温暖化は本当だ。将来は壊滅的な状況になるぞ。

それについて考えるのが私達の最優先事項になるんだ。しかし映画のプロデューサーには不都合な話ですが、正しいのは最初の一つだけです。

多くの影響力ある人たちが地球温暖化の存在さえ否定している国において、ゴアがこうした流れに逆らっていくのはなかなか良いことです。

ですが彼の終末論的な主張は多くが事実と著しく異なっています。

しかし一番大きな誤りは、地球温暖化の問題を認識したからには、人類はそれに対して行動すべきである、道徳的要請があると主張しているところです。」

不都合な真実がアカデミー賞を受賞したとたんこんな批判が出てきます。

当然のことです

でも、なんと的外れなことを書いているな、と映画を見終わった私には思えました。

むしろ、こんな映画だけでなくゴアの主張が「不都合」な陣営の主張だろうと思います。

この映画、アル・ゴアの意図は、地球温暖化を分かりやすいテーマにして、環境問題というどうしても避けられない今日的問題の提起なんですね。


賢明なあなたにはよくお分かりだと思います。

なんかちょっと真面目になってしまって、面白くないですね。
今日はお許しください、また次は映画の内容をちゃんと書きたいと思います。

今日は、ゴアが言うように、
あなたにぜひこの映画をごらんいただくようお勧めいたします。


やはり必読の書でしょう不都合な真実

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35513156
この記事へのトラックバック
『不都合な真実〜切迫する地球温暖化、そして私たちにできること〜』アル・ゴア(著) 枝廣淳子(訳)
環境問題に関しては、『リサイクル幻想(武田邦彦 著)』 が衝撃的で、周りの人にも薦めていましたが、本書もそれに劣らぬインパクトのある一冊、大型本です。映画にもなっています。先日ラジオで偶然、本書の..
ブログ名本を読もう!!VIVA読書!

映画 「不都合な真実」
 なんで最初から日本語吹き替えで放映しないのか?アカデミー賞をドキュメンタリー部門で取ったこの映画は、地球環境問題について元副大統領アル・ゴアの講演を映像化したものなのだから、なるべく多くの人に見せ、..
ブログ名After the Pleistocene

「不都合な真実」を観てきました
 地球温暖化を描いた映画(なのか?)不都合な真実を見てきました。
ブログ名よしなしごと

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。