[PR] 会社設立 吉田拓郎 妻恋コンサート 団塊の音楽:団塊シニアのタレントとシニアの未来 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

団塊シニアのタレント

吉田拓郎 妻恋コンサート 団塊の音楽

団塊世代吉田拓郎(よしだたくろう)とかぐや姫 妻恋コンサート


吉田拓郎(よしだたくろう)が、齢60になるこの年、静岡県妻恋でのコンサートを行ったドキュメントをNHKで見た。

今から30年以上も前に、この同じ地で初めてコンサートを行った時には、6万人を超える聴衆を集め、伝説のコンサートなどとよばれていたが、





今年も35000人が集まり、人気の健在を示した。



まず、集まった人たちの顔ぶれを見て驚いた。

50代後半の男女である。いわゆる団塊の世代と、それに続く世代。

その連中がこのコンサートを聞くために、わざわざ遠方から集まり、老年の男の歌うさまに夢中になっている。

若い聴衆とは違い、さすがに熱狂したりはしないまでも、自分と歌い手との一体感に酔いしれているかのようであった。

何が、彼らを、そこまで駆り立てたのか。いささか考え込んでしまったところだ。

主催する地元の人の、その日のお客さんの入り、その警備、などなどいろんな心配があったようだが、何よりこのコンサートを楽しんでいた。

カメラは色んな視点からドキュメンタリー作りに精を出していました。

会場に行くバスの中での団塊世代の盛り上がりは、共感出来るもの、即ちそれが明日への人生への糧になると言いたくなる様な、反面人生の持つ摩訶不思議さも感じました。

かぐや姫、南こうせつの出番はホンの一コマ程度したが、南こうせつの言葉は重みがありました。

このコンサートは自然の流れだという、これを逸したら次は無いかも知れないということです。

人生には何度かのチャンスがあります。それを掴みそこなったら2度とチャンスは巡って来ないということと同じです


「結婚しようよ」や「旅の宿」など、吉田の代表曲を聞くと、ひとつの音節

に二つの音(音韻)をあてている場合が多くて、歌そのものに、陰影ともいうべきものが生じて味わい深い。

吉田拓郎(よしだたくろう)・かぐや姫 コンサート・イン・つま恋 1975 / 吉田拓郎(よしだたくろう)/かぐや姫



このつま恋コンサートには、

団塊世代の今後のメッセージがいっぱい含まれていて

趣味の世界、音楽にも積極的に自分を表現する

参加型のコンサートの姿を見て、そのエネルギーを感じました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。