[PR] 会社設立 ハンセン病一人芝居【団塊シニアのタレントとシニアの未来】:団塊シニアのタレントとシニアの未来 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

団塊シニアのタレント

ハンセン病一人芝居【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

筑紫哲也 一人芝居へのメッセージ

筑紫 哲也(ニュースキャスター) 

 ――「ひとり」の物語ではない――

ハンセン病患者・元患者に負わせた筆舌に尽くしがたい苦しみは人類全体の「大罪」だが、なかでも戦後日本のやったことは罪が深い。最大の責任は国(官僚)に在るが、人々の無知と偏見がこれを支え、国が過ちを認めた今も、後者は根強く残っている。
何が起きたのか−「百の説法」よりも、それを雄弁に語っているのがこの芝居である。
結純子さんは見事な演技と力量で、それを「ひとり」でやってのけるのだが、「ひとり」であることが、このテーマが「ひとり」の物語ではないことをかえって浮き彫りにしている。
結純子d












筑紫 哲也さんは、私たちが奈良で、第回復者のための宿泊施設【交流(むすび)の家】を建築中、朝日新聞記者としてずーと取材と、労働参加者として一緒に仕事をした人でした。

筑紫さんは、この団体「FIWC」の先輩でもありました。

彼が、人気番組のキャスターとして、

ハンセン病の国家責任を追及したのは、その時代の体験と思い入れがあったからでした。



★地面の底がぬけたんです 藤本とし著★

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55357474
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。