[PR] 会社設立 団塊シニアの旅行:団塊シニアのタレントとシニアの未来 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

団塊シニアの旅行

シニア旅行 タイ【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

いい日旅立ち タイロイヤル・バージ船祭

シニアの理想の旅、こんな場所にも父(義父)祭を求めて旅立ちました。

本当にまめで、祭好き


このお祭は多分、タイ国王即位??周年記念祝賀祭のときのイベントだったと思えます。
タイ舟祭.jpg


祝賀の喜びがこの絵から噴出しそうです。

タイの王様もさぞお喜びだと思いました。
[PR]●世界遺産 DVD-BOX(全20巻)


義父ZUNZO(順三)の絵やグリコのおまけを展示した「おまけ博物館」を東大阪近鉄八戸ノ里駅前のビルで娘と妻とでがんばっています。

こだわりのシニア向け商品選抜

シニア市場 情報サイト!!


団塊シニアの旅行

秘境の旅インドネシア【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

秘境の旅  インドネシア・ランテ

シニアの理想的な生涯、義父の旅をなぞります。

世界秘境の旅、父(義父)のシニア旅行ここまでか

気まま旅とはいえ、70代を超えて秘境を旅する父に驚嘆
ランテの水牛供養 インドネシア2.jpg

サッダン・トラジャとはサッダン川上流域に位置するタナ・トラジャ県に居住するトラジャ人の民族学上の呼称である。

石灰岩の白い岩肌が露出するこの山岳地帯は容易に外からの侵入を許さない自然の要塞を形成している。


現在ほとんどの人々がキリスト教やイスラム教に改宗したとはいえ、土着宗教に基づく儀礼や慣習が依然強く残り、現在も多くの水牛を供儀にして盛大な死者祭宴が行われ、伝統家屋トンコナンの建立も盛んである。

[PR]●世界遺産 DVD-BOX(全20巻)


義父ZUNZO(順三)の絵やグリコのおまけを展示した「おまけ博物館」を東大阪近鉄八戸ノ里駅前のビルで娘と妻とでがんばっています。

是非訪れてください。ここから

団塊シニアの旅行

世界遺産旅行チベット【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

世界遺産、秘境の旅 チベット・ラサ祭り

シニアの旅行、 チベット・ラサ

父(義父)の絵をご紹介しながら、世界遺産の旅へ

ラサの雪頓節 中国2.jpg

この絵が楽しいのは、義父の一人ひとりを描いている雰囲気で伝わります。

西蔵(チベット)自治区拉薩(ラサ)市で23日、1年に1度の伝統行事「雪頓節」(ヨーグルト祭り)が開幕した。地元の人々や観光客が6日間にわたり、蔵族(チベット族)伝来の祭りを心ゆくまで楽しむ。

雪頓節は拉薩市で最も重要な伝統行事の一つで、今年5月には国の無形文化遺産リストに登録された。

チベット語で「雪」は「ヨーグルト」、「頓」は「宴」の意味になるため、雪頓節はヨーグルトを食べる日とされている。祭りの起源は11世紀にさかのぼり、当初は閉ざされた室内での修行を終えた僧侶に世人がヨーグルトを差し上げる宗教行事だったが、次第に姿を変え、宗教と娯楽が結びついた行事になリました。

[PR]●世界遺産 DVD-BOX(全20巻)

義父ZUNZO(順三)の絵やグリコのおまけを展示した「おまけ博物館」を東大阪近鉄八戸ノ里駅前のビルで娘と妻とでがんばっています。

是非訪れてください。ここから

団塊シニアこだわり商店街
href="http://www.eonet.ne.jp/~earthhelp/Sinia_site/sinia_index.htm" target="_blank">シニア市場 情報サイト!!



団塊シニアの旅行

世界遺産旅行 トルコ【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

シニア父の気まま旅行 トルコ

世界遺産トルコ、あのトロイの木馬、

そんな世界遺産を父は訪ねました。

お祭りを訪ね、ついにここまで・・・

70才をはるかに超えてグリコのおまけを作り続けた父(義父)の好奇心健在
メヴラーナの旋舞大祭 トルコ2.jpg


メヴラーナの大祭 父の絵はこの、神秘的宗教のお祭りを楽しく伝えています。

メヴラーナ ジェラレッディン ルミ(Mevlana Celaleddin Rumi)は、詩人かつ神秘主義的哲学者であり、宗教上の指導者としてその名を残しています。 グリコのおまけ 戦時中のおまけNO2


メヴラーナは1273年にコンヤで逝去し、現在コンヤのメヴラーナ博物館内の石棺に眠っています。彼の死後、彼を慕う使徒達は、音楽とダンスによってメヴラーナの思想を表現しました。メヴラーナによるとこの世に存在するものは全て無限に回転(循環)するものであると唱えました。


[PR]熊野古道世界遺産を歩く

こだわりのシニア向け商品選抜
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

団塊シニアの旅行

シニア旅行秘境 ブータン【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

シニア父の気まま旅 ブータンの大祭

シニア旅行、理想の旅行 

この義父の旅行は、手術後、妻の勧めで「お祭り」をテーマにして絵にたらの提案

ノリの良い義父は、退院後その製作にかかりました。70歳代の後半だったと思います。

結局100点を超える絵を完成させましたが、その初期作品だったと記憶しています。
ブータンの大祭 2.jpg

義父の絵の特徴は、いつも沢山の人がいることです。

その顔の面白さには感心させられ、必ず自分か、身内の誰かをその中に埋め込んでいます。

グリコのおまけのデザインを何十年もしてきた義父らしく、

この絵を見てもおまけの人形が沢山並んだ。子供の遊びを感じさせます。


解説を少し

ブータン王国は、世界の屋根ヒマラヤ山脈の一角にあり、面積は4万6,500平方キロメートル(山陰両県の約4倍)、人口は70万人弱といわれる。北部は7,000m級の山岳地帯、中央部は2,000〜3,000mの盆地と渓谷、南部は熱帯性植物が生い茂るという多様な地形・気候を合わせ持つ国である。


 20世紀初頭王政がしかれ、1971年には国連にも加入した。
しかし、ブータンは国を開放しないという国是を貫いており、閉ざされた国=世界の秘境といわれている。

 また、ブータンは熱心な仏教国であり、ブータン仏教はチベット仏教の流れを汲み、その流れは中国や日本にも伝播したといわれている

[PR]●世界遺産 DVD-BOX(全20巻)


熊野古道世界遺産を歩く


義父ZUNZO(順三)の絵やグリコのおまけを展示した「おまけ博物館」を東大阪近鉄八戸ノ里駅前のビルで娘と妻とでがんばっています。

是非訪れてください。ここから

こだわりのシニア向け商品選抜
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

団塊シニアの旅行

世界遺産旅行アンコールワット【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

アンコールワット父の気まま世界遺産の旅

シニアの旅、父(義父)の世界旅行は、いつも誰も行かない場所でした。

今は当たり前ですが、父がこのアンコールワットを訪ねたのは

あのクメールルージュ、ポルポト政権が崩壊して3年くらい跡だったそうです。

父は、アンコールワットの遺跡を訪ねると言うより、自分のライフワーク世界の祭りを絵にする目的でした。
アンコールワットの行列風景 カンボジア2.jpg

アンコールは王都、ワットは寺院を意味する。クメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。


12世紀前半、アンコール王朝によって、ヒンドゥー教寺院として三十年余の歳月を費やし建立され、1431年頃にアンコールが放棄されプノンペンに王都が遷ると

 忘れ去られ、その後発見され、アンチェン1世は1546年から1564年の間に未完成であった第一回廊北面とその付近に彫刻を施し、

孫のソタ−王は仏教寺院へと改修し、本堂に安置されていたヴィシュヌ神を四体の仏像に置き換えました。

[PR]●世界遺産 DVD-BOX(全20巻)



義父ZUNZO(順三)の絵やグリコのおまけを展示した「おまけ博物館」を東大阪近鉄八戸ノ里駅前のビルで娘と妻とでがんばっています。

是非訪れてください。ここから

こだわりのシニア向け商品選抜
こだわりのシニア向け商品選抜 シニア市場 情報サイト!!

団塊シニアの旅行

世界遺産旅行マチュピチュ【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

 世界遺産の旅 ペルー マチャペチュ


シニア旅行を楽しんだ父は、さまざまな世界の秘境や祭りを訪ね、プロでもあった「絵」をたくさん残しました。

グリコのおまけの製作者として、人生のほとんどを過ごした父は、その旅行からおまけネタをたくさん見つけ、ヒットさせました。

たび好きで、子供好きで、カラオケ好きだった父をしのびながら・・・
マチュピチュ空中都市 ペルー2.jpg

  
上をご覧下さいが父の絵です。

ペルーの奥地まで旅行したのは、80歳を越えていました、

確かこの旅行が秘境を訪ねた最後だったと思います。

この絵の雲の感じは、引火の文化空中都市を思わせ、千人の住む街を連想させました。





少しペルーの世界遺産マチュピチュの解説を

尖った絶壁の山々がそびえるウルバンバ渓谷の山間、標高2,280mの頂上にあるマチュピチュ。

マチュピチュとは老いた峰を意味します。山裾からはその存在を確認できないことから“空中都市”とも呼ばれています。

スペイン人から逃れるために、また戦うために、インカの人々が作った秘密都市だったともいわれているのです。

16世紀半ば、インカの人々は高度な文明が栄えたマチュピチュを残し、さらに奥地へと消えてしまったと伝えられます。


[PR]●世界遺産 DVD-BOX(全20巻)

熊野古道世界遺産を歩く

世界遺産姫路城遊歩ガイド

義父ZUNZO(順三)の絵やグリコのおまけを展示した「おまけ博物館」を東大阪近鉄八戸ノ里駅前のビルで娘と妻とでがんばっています。

是非訪れてください。ここから
 

団塊シニアの旅行

世界の踊りめぐり【団塊シニアのタレントとシニアの未来】

 世界の踊り スリランカ

世界の踊りめぐり、スリランカの踊り

まず父(義父)の絵をご覧ください。
スリランカの踊り















シニア気まま旅 世界の踊り スリランカ

世界の踊りめぐり、スリランカの踊り

まず父(義父)の絵をご覧ください。
スリランカの踊り















この絵の真ん中の一番高い山はピヅルタラガラ、スリランカの象徴です。

お祭りは大概大きなお寺で行われます。スリランカでは日本のお祭りに似ている“ペラヘラ”という祭りがあり、

スリランカの踊りを見る事が出来ます。
スリランカの踊りは主に高原地帯の踊りであるカンヂアン踊りと南方地域にあるマスクをする踊りの二種類あります。双方の踊りはどちらも太鼓を使用します。

この時は像もきれいな服や多種多様な飾りで着飾って祭りに登場します。

このようなスリランカのお祭りの中で一番人気があるのはカンヂ祭りですが、そのお祭りにはスリランカ人だけでなく、海外から観光客も観にやってきます。



スリランカというと、「セイロン」か「セイロン茶」が思い浮かびます。

インドの一部、イギリスの植民地の知識しかなかったのですが、

友人がその国と貿易することになって、近い存在になりました。

近くの生駒山のふもとに、スリランカ料理店があり、そこをよく訪れたり、

その店のコックさんとも親しくなったりで、行きたい国です。

友人は仕事でよく行くのですが、モルジブもほんの近く

海面とほとんど陸地が接しているモルジブ

地球温暖化で水没を心配する楽園です。

[PR]スリランカ産有機栽培セイロン茶 2.2g×20 tea bags

[PR]塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。